日本道路株式会社と共同で現場入場車両通知システムを開発

弊社と日本道路株式会社(東京都港区)が共同で現場入場車両通知システム「via-ARGUS」を開発しました。
高速道路上などで工事車両が車線規制帯内に入場する際、工事車両が接近する情報を工事車両入口の誘導員に、リアルタイムに自動で通知するためのシステムとなります。
これまでの方式では誘導員による目視やICカードなどを車両に搭載し識別を行い、無線機での通知を行っていましたが、入場する工事車両が変更になった場合に対応ができないなどの課題がありました。
今回開発したシステムでは、弊社の得意とする「ストロボタイプの赤外線投光器とカメラを組み合わせることによる昼夜を問わない車番の自動認識」を応用することで、

  • 認識した車番をもとにしてリアルタイムで自動通知
  • Webアプリ上での車両情報登録による車両登録の簡素化と車両変更際の迅速な対応
  • 誘導員が携帯するタブレットアプリへの自動通知
  • 一般車両への注意喚起をおこなう為の標識との連動機能

などを可能にしました。

今後は、5G回線の活用などによる通知のさらなるリアルタイム性の向上や、認識結果の活用範囲の拡大などによる、さらなる安全性の向上を図る見込みです。